色々・・・

身近なものに愛着を♡

雨の土曜日_モーツアルト、クラリネット五重奏曲イ長調k581

 この曲が作られたのは、1789年

今から226年前、ヨーロッパでは、フランス革命

日本では、江戸時代、寛政の改革が起こった頃

モーツアルトは、モー疲れてた><。。。

33歳で作曲したこの「クラリネット五重奏曲」k581

35歳で亡くなっているわけだから、晩年の作となるわけ?。^^;

 

人の声に一番近いと言われているクラリネット

1650年代に、デンナーっていう人が考案した楽器だそうです。

        (そうでんなぁ~という後方からの声は無視)

普及するのも遅く、オーケストラに仲間入りするのは18世紀中頃から。

新し物好きなモーツアルト

ウイーンで知り合ったクラリネット奏者のシュタットラーと仲良しになり

彼から豊富な知識を得て、この曲に至ったわけです。

甘美で内面的なクラリネットの旋律

明るさの中にも憂愁を湛えた奥行

澄み切った美しさ

変化に富んだ優れた室内楽曲として、愛される名曲といえるでしょう。

 

今日はブログ更新するつもりは無かったんですが

ねこパンダさんのコメント

モーツアルトが余計好きになりました」に、背中を押された勢いで更新してみました♪

 

どうぞこの記事もよろしくです♪

 

◆ ◆

 

アスパラの葉に雨雫

f:id:kmssmint:20150718090753j:plain