色々・・・

身近なものに愛着を♡

ベートーベンピアノ協奏曲第4番_ナイーヴで極めてデリケート、過敏に震える弱音の抒情

f:id:kmssmint:20150705054416j:plain

 

◆  ◆  ◆

 

 ベートーベンにはピアノ協奏曲が5つあります。

 5番目に作られた最も有名な「皇帝」に対して

 しばしば「女王」とも呼ばれる第4番は

 柔和、優美、抒情性溢れる曲です♪

 特に、細かなニュアンスのタッチが美しい弱音を味わいたい♫

 更に、第二楽章から第三楽章への移り方(24分過ぎ~)

 第二楽章最後、ホ短調の和音、その余韻を持ったまま第三楽章

 ト長調の最弱音で始まる移行は

 この曲に、絶妙な美しさを醸し出す非常に効果的な部分です。

 耳を澄ませてみてください♪

 

 動画の選択に迷うところですが

 ウインフィルということで・・・♪

 グルダのピアノ☆彡

 

 

◆   ◆   ◆

 

五つの協奏曲のうち、唯一の短調である第3番も捨てがたい♪

4番がやわ~い美しさならば、短調の3番はふか~い美しさと言っていいかしらん

となれば・・・

こちらは鬼才グールドの演奏で♪

Glenn Gould - Beethoven Piano Concerto No. 3 Mvt. 1 ( part 1 ) - YouTube

 

 

◆  ◆  ◆

 

 f:id:kmssmint:20150705053104j:plain

        f:id:kmssmint:20150705053109j:plain