色々・・・

身近なものに愛着を♡

バッハのBWV 1060_チェンバロ、ヴァイオリン、オーボエ・・聴き比べを楽しみましょう♪

バッハの協奏曲のうち、旋律の美しさでうっとりな

この曲♪

BWV 1060は

2台のチェンバロ弦楽合奏のための協奏曲ハ短調が原曲で

BWV 1060a、復刻版と銘打って

2つのヴァイオリンと弦楽合奏のための協奏曲ニ短調があるそうです。

多くはヴァイオリンとオーボエの組み合わせで演奏されているみたいです。

YouTubeでも圧倒的にこの演奏が多い。

色々試しに聴いてみました♪

まずは原曲 

チェンバロが軽やか爽やか上品な響きです。

 

 

次は、ヴァイオリンとオーボエです♪ 

ヴァイオリンとオーボエの独奏が

お互いに寄り添い融け合っていくようです。

 

 

やっぱり、ユリア・フィッシャは外せません。好きですからね。

お時間のない方はこの曲だけでも♪

早いテンポが心地良いですよ。

これを聞いてトロけるという表現は思い浮かばないけれども

それぞれの楽器の音が明瞭で、旋律を楽しませてくれますね♪

 

 

やっと探し当てました。

数少ない2台のヴァイオリンの方です。

優雅この上ない気分が味わえます♪

 

 

しつこいくらいアップして

やっと気が済みました^^;

 

  ◆           ◆

 

 朝の陽光たっぷり

 ブルーデージー

 f:id:kmssmint:20150502060502j:plain