色々・・・

身近なものに愛着を♡

桜蕊_さくらしべ

f:id:kmssmint:20150416222533j:plain

 

桜の花が去ったあと

誰もいない公園

さくらしべの鈴の音

 

耳を澄ませば

みすゞさんの詩が

聴こえてきました

 

 

 

林檎畑_金子みすゞ

 

七つの星のそのしたの、

誰も知らない雪国に、

林檎ばたけがありました。

 

垣もむすばず、人もゐ(い)ず、

なかの古樹(ふるき)の大枝に、

鐘がかかってゐ(い)るばかり。

 

ひとつ林檎をもいだ子は、

ひとつお鐘をならします。

ひとつお鐘がひびくとき、

ひとつお花がひらきます。

七つの星のしたを行く

馬橇(ばそり)の上の旅びとは、

とおいお鐘をききました。

とおいその音きくときに、

凍ったこころはとけました、

みんな泪(なみだ)になりました。

 

 

       f:id:kmssmint:20150416222524j:plain

 

みすゞさんのこの詩には

とても深い意味があるのだと思いますが

私には、よくはわかりません。

けれども風景が浮かび

静けさを感じることができます。