色々・・・

身近なものに愛着を♡

Whispering Hope☆☆希望のささやき☆☆天使が耳元で囁く♪

 

 言葉の響きが日本語も英語もいいですよね♪

   ささやく・・・・・

   whisper・・・・・

 

f:id:kmssmint:20150222221813j:plain

 

Whispering Hope

アリス・ホーソンが1868年に作曲

長く歌い継がれるべき名曲だと思います。

 軽く口ずさめるやさしいメロディーと歌詞です。

 



 

1.Soft as the voice of an angel, 

 Breathing a lesson unheard, 

 Hope with a gentle persuasion 

 Whispers her comforting word

 Wait till the darkness is over, 

 Wait till the tempest is done, 

 Hope for the sunshine tomorrow, 

 After the shower is gone.


 Whispering hope, oh how welcome thy voice,
 Making my heart in its sorrow rejoice.

 


2.If, in the dusk of the twilight, 

 Dim be the region afar, 

 Will not the deepening darkness 

 Brighten the glimmering star? 

 Then when the night is upon us, 

 Why should the heart sink away? 

 When the dark midnight is over, 

 Watch for the breaking of day.

 

 Whispering hope, oh how welcome thy voice,

 Making my heart in its sorrow rejoice.

 

 昭和25年から高校や中学の音楽の教科書に載りました。

次のサイトにかなり詳しく書いてありますのでご参考までに。

 なかでも特に印象に残った部分

緒園凉子(おぞのりょうし)氏は

・昭和十五年(1940年)三十七歳。軍部が音楽教育に用いられていた絶対音感教育に着目しました。「絶対音感を獲得すれば、飛行機の音が聞き分けられるようになる」と考えたわけです。文部省はこれを受けて、教育の現場に絶対音感教育の採用を決定した。

  <内容>
 一、 ドレミの階名唱法をやめ、ハニホヘトの音名唱法を使う。

            なお楽曲は調性にかかわらず音名で歌う。

 二、 絶対音高を記憶させる訓練を行なう。

 三、 和音を識別させる訓練を行なう。

 

音感教育も戦時下の教育体制のひとつだったのですね。

♪ドミソ~とか

♪シレソ~とか

♪ドファラ~とか

音楽の授業風景、小学生高学年のころだったのかしら・・・。